レディ

巷で話題になっているサカエ建設|快適な住宅を実現

  1. ホーム
  2. 南側と北側で

南側と北側で

部屋

海側と山側の違い

湘南の海といえば茅ヶ崎といったイメージが大変強いため、茅ヶ崎は海を愛する人たちにとっては憧れの土地となっています。そういったイメージが影響し、茅ヶ崎では駅を挟んで海のある南側と、山がある北側では土地や不動産価格に変動が生じています。まず基本として、茅ヶ崎で高い土地となっているのは海側です。海のある南側は大きな道路もあり、観光地として賑わっていますが、それゆえに土地はもちろん個人のお店の物価価格なども観光地価格であります。また、全体的におしゃれなマリンタウンといった雰囲気になっています。一方の山のある北側では、大型の商業施設や公共施設、マンションなども存在しており、生活の利便性があるエリアとなっています。とくに学校や公園なども存在しているので、ファミリー層にとっては住みやすい環境です。物価はもちろん土地や不動産価格も海側よりはリーズナブルな設定となっています。このように茅ヶ崎は駅を挟んで両極端な雰囲気があるというエリアなので、土地を選ぶ場合はあらかじめそのことを知っておくとすんなり選ぶことができます。たとえば海に強いこだわりがあるならば海側に住むのも良いですし、そうでなければ山側を選ぶこともできます。海に憧れるけれど価格的にそんなに余裕がないのでハードルが高すぎると感じる場合には、あえて住むのは海が見えない山側を選び、休日などに自転車などを利用することで、海へ遊びに行くという方法もあります。